コピー機・複合機のリースをメインに、ビジネスフォン、UTMを格安でご案内いたします

株式会社ドリームオフィス ドリームオフィスのフリーダイヤル:0120-21-6788



OKI複合機COREFIDOシリーズ ランサムウェア対策ならアレクソンのUTM&サーバー
ホーム > よくある質問

よくある質問

当サイトに多く寄せられた質問をまとめました。
メールでのお問い合わせは、24時間受付中ですので、ちょっとした疑問や分からない点などもどんどんお問い合わせくださいませ。

Q1.複合機やビジネスフォン。リースと買取りはどっちが得なの?

一概にどちらが良いとは言い切れません。税法上の対応が大きく変わります。買取ですと御社の資産となるため減価償却の対象として損金処理ができません。
リースの場合、御社に代わってリース会社が設備や機器を購入して御社に賃貸する形となるため、固定資産税納付や減価償却はリース会社が行ってくれます。また、月々のリース料金を経費として計上することが可能です。
しかし、リース料にはリース会社の利益が上乗せされています。
 
当社がこれまで導入してきた実績ですと、断然リース契約を選択されるお客様がほとんどです。
少ない資金で最新型を導入・利用できることと、安定的なキャッシュフローを生むことができるためです。

Q2.新規設立のため、あまり初期費用をかけてられないんだけど…

初期費用を抑えたいなら「リース契約」がおすすめです。
リースなら月々のリース料金だけで済みますので、OA機器を導入する際に多額な費用を準備する必要がありません。
一度当サイトからお問い合わせいただき、お客様のご要望をお聞かせくださいませ。

Q3.リース料金の中に保守メンテナンスは含まれる?

基本的に「リース契約」と「保守契約」は別々の契約ですので、リース料金に保守は含まれません。
リース料金は本体代金つまり機械に対する支払いです。保守メンテナンス料金はカウンター料やトナー料金という形式で契約するものです。
「買取にすると保守メンテナンスが付いてこないのではないか」と心配される声を聞きますが、複合機は精密機器ですので、調子が悪くなってしまったときの保守メンテナンスはとても重要です。
当社では複合機をリースまたは買取で導入されるお客様には保守契約もおすすめしております。

Q4.リース期間中に、また最新型にすることができる?

入れ替えの際に、現在お使いの複合機の残りのリース料金を、新しいリース物件に組み込むリースアップを行えば可能です。 この場合、現状のリース額を少し増やすだけでリースできる場合もありますし、一気に高くなってしまう場合や、反対に安くなるケースなど様々です。 当社では無料でお見積もりをお出ししておりますので、コストの見直しをご検討中の方もお気軽にご相談ください!

Q5.複合機のリース、途中で解約できるの?

複合機に限らず多くのリースでは、原則途中解約はできません。詳しくは担当者へお問い合わせください。

Q6.リース期間が終わったら自分のものになるの?

基本的にリース物件に関しては複合機の所有権がリース会社となりますので、リース満了後はリース会社へ返却します。 しかし、終了した翌年からは年額の10分の1という低価格で再リースできる場合もあります。

Q7.リース料だけじゃなくて他に掛かる費用もトータル的に安くできる?

ドリームオフィスにおまかせください!
当社のプリンターリースはトナー料金、保守契約、カウンター料金、リース料金、搬入設置代金、撤去料金全てに自信ありです!
 
■トナーを3ヵ月に1回は購入する方
■カラーのカウンター料金が1枚25円以上
■お使いのプリンター・複合機がどうも不調だ…
■新規で複合機を考えている
■買い替え(リース)を考えている
そんな方は是非、お問い合わせくださいませ。

Q8.解約した後の対応は?

リース解約、保守解約もドリームオフィスにお任せください!
ドリームオフィスでは、撤去したコピー機・複合機の返却や解約処理(残債処理)も書類を頂き、こちらで処理致します。最後まで担当者が責任を持って誠実に対応いたします。

Q9.購入後のアフターフォローはどうなるの?

当社でご提供させていただくプリンター・複合機の保守メンテナンスはお客様のお住まいの地域の各メーカーが直接訪問修理致します。ドリームオフィスでは、新品の複合機を導入された後の定期メンテナンス、故障時のメンテナンスもメーカー直接対応方式を導入しておりますので、ご安心ください。
もちろんアフターフォローの際に追加代金を頂くことはございません!