コピー機・複合機のリースをメインに、ビジネスフォン、UTMを格安でご案内いたします

株式会社ドリームオフィス ドリームオフィスのフリーダイヤル:0120-21-6788



OKI複合機COREFIDOシリーズ ランサムウェア対策ならアレクソンのUTM&サーバー
ホーム > 複合機リースのメリット・デメリット

複合機リースのメリット・デメリット

よくお客様より「リースと購入どちらがお得なの?」というご質問をいただきます。
その答えは、「お客様が複合機を導入する上で、何を重視するか?」によって変わってきます。 リース・購入には、それぞれメリットとデメリットがございますので、それらをしっかり把握しておく必要があります。

ここではリースのメリットとデメリットについて、ご説明させていただきます。

リースのメリット

1.初期費用が抑えられます

購入費用は月々のリース料金として支払うことになりますので、複合機の導入時にまとまった資金は必要ありません。
抑えた資金は別の部分に割り当てられるので、効率的な運用が可能になります。

2.最新鋭の機種が活用でき、陳腐化が防げます

技術革新が激しく機械の陳腐化も早い時代です。
経済的耐用年数に見合ったリース期間を設定すれば、常に最新鋭のOA機器設備が使用できます。

3.固定資産や損害保険の煩わしさがありません

リース物件はリース会社の所有になりますので、固定資産税の申告・納付や損害保険の契約・保険料の支払いなどは全てリース会社が行います。
そのため、自社の事務負担が軽減され、円滑な運営が望めます。

4.月々のリース料金が経費扱いできる

リース物件の所有権を持たないので、固定資産扱いとならず、減価償却処理も行う必要がありません。
月々に支払うリース料金は経費として計上することができるので、税金も安く済みます。

5.使用コストが容易に計算できます

例えば、複合機導入に伴うコストは、月々のリース料金とカウンター料金だけですので、原価計算がきわめて簡単にでき、関係者の原価意識も高まります。

6.リース期間終了後も再リースで一定期間使用できます

リース期間が満了した際は、機種入替のご相談を承ります。引き続きその物件の使用をご希望の場合は、当初のリース料よりお安くなる再リース契約をお勧めします。

リースのデメリット

1.リース期間中の解約は不可能

リース期間中は、原則として中途解約をすることはできません。 これはリース会社がリース物件を自社の代わりに購入し、その料金を月々のリース料として支払っているためです。
万が一解約しなければならない場合は、残りの残債を違約金として支払う必要があります。

2.リース期間が満了しても、所有権は変わらない

リース物件の所有権はリース会社にあるため、リース期間を満了しても自社の物にはならず、返却しなければなりません。
引き続き使用したい場合は、再リースとして契約することになります。

3.総額は購入した場合よりも割高になる

月々のリース料金の中には、リース物件の価格のほかに固定資産税、保険料、金利などが加味されています。 そのため、リース料金の総額は、一括で購入した費用よりも割高となります。

自社に合わせた契約を

複合機を導入する上で、どの点を重視するかによってリース・購入どちらがお得なのかが分かります。 総合的な費用や利用期間、事務作業の手間などを考慮して、どちらが自社に合っているかを選択しましょう。
リースと購入どちらが良いか分からない場合は、弊社担当がご説明いたしますので、是非お問い合わせください。

お問合わせはこちら
カウンター料金、リース料金もお客様のご要望をお伺いし、最適なものをご提案させていただきます!気になるものがございましたら、お気軽にお問い合わせください!