複合機・コピー機のリースを格安価格で

株式会社ドリームオフィス
ドリームオフィスのフリーダイヤル:0120-21-6788 お問い合わせはこちら
ホーム > OKIの複合機がコスト削減に強い理由

OKIの複合機がコスト削減に強い理由

今回は他の複合機のメーカーに比べて、「OKI電気の複合機がコスト削減に強い理由」をお伝えいたします。 業務用複合機のメーカー選びでお悩みの方は、是非このページをご覧になってご判断いただければ幸いです。

複合機におけるイニシャルコストとランニングコストとは?

基本的に複合機のコストは、イニシャルコスト(初期費用)ランニングコスト(継続費用)に分かれます。

イニシャルコストとは主に”複合機本体の代金”のことで、現金で購入するかリースを契約するかで支払い方法が異なります。

ランニングコストは複合機を設置した後の使用中の費用のことで、主に印刷時にかかる費用(カウンター保守やトナー代、コピー用紙代等)のことを指します。

複合機を設置する前と後でそれぞれ費用が発生しますので、両方を頭に入れながら複合機の比較をすることをオススメします。

イニシャルコスト(本体代金)は現金購入かリース契約か

イニシャルコストは主に複合機本体の代金であり、支払い方法は現金購入(振込等)かリース契約かの2パターンになります。

現金購入の場合のイニシャルコストは、初めにかかるコストがリース契約よりも高めですが、リース契約は本体代金にリース会社の事務手数料(固定資産税・減価償却費・動産保険等)が上乗せされるため、総額にすると現金購入の方が多少安く済みます。

通常の複合機であれば1台120万円以上しますので、毎月支払いとなるリース契約を結ぶのが一般的です。

しかし、OKI電気の複合機は基本性能を抑えた状態で、他社メーカーの複合機本体代金よりも低価格に設定されているので、現金購入による負担は低めです。

更に、弊社ではOKI電気の優良販売店として認められているため、他社よりも安く販売が可能となっています。

OKIの複合機はカウンター料金ではなくトナー方式

複合機はカウンター保守と呼ばれる保守契約が一般的です。

カウンター保守は、「モノクロ1枚〇円/カラー1枚〇円」といった「月に印刷した枚数に応じた費用を支払う」形式で、トナー代とメンテナンス費用はこの中に含まれています。

OKIの複合機の場合は、「COREFIDO3」と呼ばれる独自の保守形式を持っていますが、簡単に言えばトナー方式と同じです。

メーカーが出している純正品のトナーカートリッジを購入してもらうことで、5年間の無償保証と5年間のメンテナンス品無償提供が受けられます。

印刷枚数が少ないほど、OKIの複合機はお得になる

カウンター保守は、モノクロ1枚〇円、カラー1枚〇円と決まっていますが、そのほかに基本料金にも設定金額があり、印刷枚数の合計金額が基本料金を下回ると、支払いには基本料金が適用されます。

例えばモノクロ1枚1円/カラー1枚10円/基本料金1,000円と仮定して、月にモノクロ400枚しか印刷しないとします。 この場合、印刷枚数分の合計400円が基本料金を下回っているため、支払うのは基本料金の1,000円となります。

つまり、カウンター保守は必ず基本料金の1,000円以上は費用がかかってしまうということです。

OKIの複合機の場合はカウンター保守ではありませんので、毎月必ずかかる費用はありません。 費用としてかかるのはトナー代のみですが、印刷する枚数が少なければ少ないほどトナーの消費量も抑えられ、コストの削減に繋がります。

ブラックトナーも大容量タイプが約10,000枚印刷できますので、印刷枚数が少ないほどより長持ちします。

ペーパーレス化で、更なるコスト削減が可能

最近の業務用複合機には、どのメーカーにもペーパーレス機能が備わっており、無駄な印刷をなくす技術が搭載されています。

OKIの複合機にも同じようにペーパーレス機能が備わっており、受信したFAXをすぐに印刷せず本体のパネルで内容を確認してから出力したり、指定した保存先(データサーバー等)やメールアドレスに飛ばすことで、印刷回数を可能な限り少なくできます。

OKIの複合機は純正品のトナーを購入するタイプですので、トナーとコピー用紙の無駄な使用が減り、効率の良いコスト削減に直結します。

更に基本的な印刷やコピーを”モノクロ”に指定して、消耗するトナーをブラックに絞ることで、カラートナーの購入頻度も下げられます。 徹底したペーパーレス化を行うことで、大幅なコスト削減が実現します。

OKI複合機のご用命はドリームオフィスまで

上記理由から、OKIの複合機がコスト削減に強い機種だということがお分かり頂けたかと思います。

複合機の導入をお考えのお客様は、まず自社の複合機の使用状況をもう一度ご確認いただき、上記コスト削減案が当てはまるかをご検討ください。