複合機・コピー機のリースを格安価格で

株式会社ドリームオフィス
ドリームオフィスのフリーダイヤル:0120-21-6788 お問い合わせはこちら
ホーム > カラー複合機のランニングコストについて

カラー複合機のランニングコストについて

複合機はオフィスにとって欠かせないものであり、長期間、毎日のように使用するものかと思います。 そうなると当然気になるのは運用していく上でのランニングコストです。 複合機のランニングコストというと何を思い浮かべるでしょうか? 様々な視点から複合機のランニングコストについてご紹介致します。

ランニングコストの種類

カウンター料金、基本料金

メーカーや条件によって料金は異なりますが、使用した枚数やカラー・モノクロでの印刷数に応じて料金が発生します。
また、月々の基本料金が設定されており、印刷枚数が基本料金を下回ったとしても基本料金分は支払う料金体系となります。

トナー(インク)や用紙などの消耗品コスト

カウンター保守の場合は、トナー等の消耗品費用が料金に含まれている為、コストはかかりません。 弊社で取り扱っているOKI電気工業の複合機の場合は、毎月のカウンター料金と基本料金がかからない代わりに純正品のトナーをご購入頂くシステムとなっており、消耗品がなくなり次第都度コストが発生します。

電気代

複合機を稼働するには毎月電気代がかかります。用紙トレイの部分に紙詰まり防止のためのヒーターが付いている場合は、その分の電気代もプラスします。

故障メンテナンス等の突発的コスト(保守契約していれば無)

複合機の故障や部品の交換などの突発的に起きるイレギュラーなコストです。 OKIの場合は導入から5年、カウンター制の場合は月々の料金に保守料金が含まれておりますので、どちらも保守期間内であればメンテナンス等のコストはかかりません。 保証期間が過ぎた際に故障となり、修理を行う場合は、有償となります。

ランニングコストについては、ドリームオフィスまで!

長いスパンでご利用頂く複合機だからこそ、御導入時の検討材料としてランニングコストはとても重要なポイントです。 さらに詳細な説明や具体例、お見積り等のご相談は下記までお気軽にお問い合わせください。