複合機・コピー機のリースを格安価格で

株式会社ドリームオフィス
ドリームオフィスのフリーダイヤル:0120-21-6788 お問い合わせはこちら
ホーム > 機密情報をしっかり守る業務用サーバー「クラウドシェルター」

機密情報をしっかり守る業務用サーバー「クラウドシェルター」

会社の大切な情報は大丈夫ですか?

デジタル化が進む昨今では、会社にとって重要なデータの取り扱いにも十分注意しなければなりません。 特に故障や破損など、予期せぬトラブルでデータを損失した場合、会社の営業活動・経営にも大きく影響する可能性があります。

サーバーを導入いただいたお客様のケース

弊社にて業務用サーバーを導入いただいたお客様のケースをご紹介いたします。 どのお客様のケースも、重要データ損失のリスクが高いことをご理解いただいた上で、ご導入いただいております。

【ケース1】営業担当責任者(30代男性・精密機器販売)

日頃使用している機密データや顧客情報を外付ハードディスクに保存していましたが、突然の故障により業務がストップ。 データ復旧業者でも直すことができず、連絡先や取引情報など全ての情報を失い、損害も大きかったそうです。
これを機にデータ管理の重要性を知ったとのことで、サーバー設置のご依頼をいただきました。

【ケース2】代表取締役社長(50代男性・建築関係)

複数の大きな企画に携わっているお客様で、以前から重要データの管理に不安を抱いていたそうです。 万が一のトラブルで重要なプロジェクトが白紙になってしまうリスクを考えると、業務用サーバーを設置する費用は微々たるものだとのお考えで、即決によるご契約をいただきました。

トラブル回避に力を発揮するクラウドシェルターとは?

会社情報をしっかり守る業務用サーバー

弊社が取り扱っておりますアレクソンの「クラウドシェルター」は、故障や破損、ヒューマンエラーによるデータ損失のリスクを減らし、アクセス制限等のセキュリティ強化を施した多機能型データサーバーです。

故障に強い「RAID5システム」

RAID5とは、記憶媒体であるハードディスクを複数用いて行うシステムです。 データを各ハードディスクに分割保存し、特殊なエラー補正を追加することで、もし1台が故障してもデータを保護し、通常通りの運営を可能とします。
クラウドシェルターには、ハードディスクが標準で4台搭載されており、万が一1台が故障しても、交換用ハードディスクを差し替えるだけで自動修復を行い、元の状態を維持します。

安心のRAID5システム

RAIDを守る「デュアルOS」

通常のサーバーは、OSが故障するとシステムが動作しなくなり、データが破損する恐れがあります。 クラウドシェルターはオリジナルのシステムとしてOSを2つ搭載しており、万が一OSが故障した場合でも、もう片方のOSが自動的に起動、データの損失を防ぎます。
また、故障したOSを自動修復するので、OSの故障が再度起きても安全です。

RAIDを守るデュアルOS

「アクセス権限・アクセス保護・シャドー機能」で損失・漏洩を防ぐ

部署ごとの機密データを保護できるように、フォルダごとにアクセス権限を設定できます。特定のPCからのアクセスのみを許可する(経営者PC、責任者PCなど)ことで、重要なデータの損失・漏洩を防ぎます。
クラウドシェルターではさらに、パスワードを誤入力すると該当PCからのアクセスをブロックするアクセス保護機能や、フォルダ自体を非表示にして存在自体を隠すことができるシャドー機能も搭載していますので、より安全にデータを保護することが可能です。

機密ファイルを保護する各種機能

手間がかからない「自動バックアップ」

付属のソフトウェアを利用することで、PC内のデータを自動バックアップいたします。 (リアルタイム/スケジュールバックアップ対応)クラウドシェルターの外部アクセス機能との併用で、いつでもどこでもデータへアクセスができます。

PCのデータを自動バックアップ

「マルチバックアップ」でさらに安全に

クラウドシェルター内のデータを、予め設定した別の記憶媒体へ自動バックアップします。 バックアップ先はUSB外付HDDやVPNを通した遠隔(別拠点など)のクラウドシェルターなどの選択設定が可能であり、ランサムウェア対策、災害対策として活用できます。
スケジュールバックアップを行うことで、間違って保存してしまった等のヒューマンエラーが発生しても、ファイルの復元が可能です。

外部記憶媒体に自動バックアップ

どこでもアクセス「外部アクセス機能」

外出先からでも、ノートパソコンやスマートフォン、タブレットからサーバーへのアクセスが可能です。 外部からデータにアクセスできることで、ビジネスの幅が格段に広がります。

※本機能をご利用いただくには、固定IPアドレスまたはダイナミックDNS等の外部接続のための設定と、別途モバイル端末側にFTPソフト等接続ソフトのインストールが必要となります。

外部アクセス機能

ネットごみ箱

クラウドシェルター内に保存していたファイルを誤って削除してしまった場合でも、自動的にネットごみ箱に移動されるので、復旧は容易です。
ネットごみ箱に入ったファイルは個別に管理され、一定の日数が経過した後、自動消去されます。

ネットゴミ箱

データ復旧サービス

万が一のデータ消失時に、年1回無償でデータ復旧を行うサービスです。
捜査機関での法定提出用に復旧サービスを提供している高い技術力と信頼性を有している提携の専用データ復旧センターなので、安心してご利用いただけます。

データ復旧サービス

さらに強固な守り!複数機能併用によるランサムウェア対策

クラウドシェルターでは、上記の「アクセス権限」「自動バックアップ」「マルチバックアップ」機能を組み合わせることにより、『万が一トラブル(特にランサムウェアに感染する被害)が起きても、重要なデータの普及が可能』になります。

ランサムウェアに強い!業務用サーバー

これにより、ランサムウェアに感染して身代金を要求されても応じる必要はなく、またヒューマンエラーが起きた場合でも、トラブル前の状態に戻すことができます。

サイバー攻撃は未然に防ぐ!

クラウドシェルターは、ランサムウェア被害の事後対策としてとても有効ですが、サイバー攻撃やマルウェアは未然に防ぐのが理想です。
弊社では、サイバー攻撃に対しての「事前対策」として、UTMの導入をオススメしております。

ランサムウェア対策をお考えなら、UTMとクラウドシェルターの導入を是非お考えください。