複合機・コピー機のリースを格安価格で

株式会社ドリームオフィス
ドリームオフィスのフリーダイヤル:0120-21-6788 お問い合わせはこちら
ホーム > カウンター機とキット機、あなたはどちらを選ぶ?

カウンター機とキット機、あなたはどちらを選ぶ?

複合機にはカウンター保守契約キットトナー保守契約の二通りの契約方式があることをご存じでしょうか?
今回は二つの契約内容の違いや、選び方のコツをご紹介します。

カウンター保守契約

カウンター保守契約は、カラー・モノクロそれぞれ1枚あたりの金額が設定されており、使用した枚数分だけお金がかかるシステムです。
トナー等の消耗品やメンテナンス保守料金に関しては月々支払うカウンター料金に含まれているため、カウンター料金を支払っている間はどちらにも料金がかかることはありません。その為突発的な出費の心配がないことも魅力の一つです。

また、あくまでもプリントに対する金額設定の為、FAX送信やスキャンに関してはカウントはされません。
トナーやインクの使用量に関わらず、1枚あたりの一律の金額設定なので、毎月の印刷量の多い方にはカウンター機がおすすめです。

注意点としては通常最低基本料金が設定されている為、全く使用していない月でも基本料金だけは発生します。
その為、複合機の使用頻度や印刷枚数の少ない方には、後述のキットトナー保守契約の複合機の方がランニングコストを抑えることが出来ます。

弊社おすすめカウンター機 富士フイルム(旧富士ゼロックス)ApeosPortシリーズ

キットトナー保守契約

キットトナー保守契約とは、月々のカウンター料金がかからない代わりに、販売店からメーカー純正のトナーやドラムなどの消耗品を購入することでメンテナンス等の保守サービスを受けることが出来るシステムです。
もちろん最低基本料金などの設定もない為、使用頻度や印刷枚数は少ないものの、機能面等でどうしても複合機が必要な方におすすめです。

弊社おすすめカウンター機 OKI MC863シリーズ

運用イメージを明確にし、コスト削減を!

現在のご利用状況や今後の運用イメージなどを考慮しつつ複合機を選ぶことで、かなりのコスト削減が出来ます。
弊社では丁寧なヒアリングで、お客様にとって最もメリットのある高品質な製品を驚きの低コストでご提案させて頂いております。
複合機導入や入れ替えをご検討中の方は、是非一度ご相談下さい。